◇新大陸通信・04号◇


 二次創作いろいろです。


◇ゲーム上の単位

 
 は、現実の地球とほぼ同じです。ただし1年は360日、1ヶ月はすべて30日。

 
〜何でそうなのかと聞かれた場合の言い訳〜

 ラクシアの単位系は、神紀文明時代に定められたものです。元はキルヒア神が神力で制定して、第一の剣の神々が受け入れたといわれます。「カルディアは長さ1m、重さ1kgだった」「始まりの剣が作られた世界の単位系をカルディアが伝えた」という説もありますが、あまり根拠があると思われていません。


◇ケルディオン大陸は何で設定が定かでないのか

 
 公式設定に左右されずに遊ぶための場所だからです。

 
〜言い訳っぽいもの〜

 ケルディオン大陸は、〈大破局〉の際に、何らかの大規模な破壊(古代神の【コール・ゴッド】複数という説が有力です)を受けて、存在が不確定になってしまいました。現在のケルディオン大陸は、記録や記憶に至るまで、観測者によって矛盾する結論が出てきています。破壊が時間をさかのぼって及んだため、過去の歴史すら破壊されてしまったのだといいます。辛うじて生きている天上の魔動機でケルディオン大陸を観測しても、アルフレイム大陸に近い北西部を除いて、陸地の輪郭すらはっきりとしない混沌に包まれたままです。


◇アルフレイムの言語

 
 の細かい設定を勝手に創作です。
 ルールブックIIに種族言語の細かい設定があるので、妄想の余地はちょっとだけ少なくなりました。


☆自然言語

 
人間の地方語

 アルフレイム大陸では、魔法文明時代と魔動機文明時代に大規模な移民がほかの大陸からあったため、言語にも大きな影響を受けています。

オーラントレック語族
├ラファリア群島語
└大陸語群
 ├ブルライト地方語
 └ランドール地方語

 テラスティア大陸(おもにザルツ地方、ダグニア地方、モーロック地方)からの移民が伝えた言語が変化したものです。神紀文明時代の先住民の言語は呑み込まれてしまい、一部の単語などに面影を残すのみです。都会の方言より田舎の方言の方が、先住民の言語の名残を多く残すのではと見られ、魔動機文明時代後期に調査された記録があります。

スィーク語族
├ドーデン地方語
└コルガナ地方語

 レーゼルドーン大陸の言語の流れをくむ語族です。ドーデン地方は鉄道技術の発祥の地ですが、鉄道業界では交易共通語か魔動機文明語がおもに使われ、ドーデン地方語が使われる事はあまりありません。コルガナ地方には冒険者ギルドの本部があるため、ほかの地方では、コルガナ地方語が冒険者の間の暗号的に使われる例もあります。

ナザルス語族
├ウルシラ地方語
└ザムサスカ地方語

 神紀文明時代の先住民の言語の末裔です。発音や語法が大陸西部で主流の大陸外由来の言語とは大きくかけ離れており、全く通じません。魔動機文明語からの影響が弱く、魔動機文明関係の単語も逐語訳されたものがほとんどです。

 
種族語

 アルフレイム大陸の人間以外の種族も、テラスティア大陸とは異なる方言を話します。
 母語話者が学んで習得するわけではない(と思われる)妖精語でも、異なる自然環境のためか、微妙に感じ取れる違いがあります。メリアの妖精語は、複雑な言い回しを取る事により、妖精の妖精語には存在しない時間の概念を取り入れています。
 魔神語は異世界の言語であるため、個体ごとの違いが何に由来するのかは定かでありません。ティエンスの魔神語は母語ではなく、成人前に親から敵についての知識を学ぶ一環で教わります。
 リカント語は、アルフレイム大陸の人間の地方語のうち、先住民系の言語とつながりがあるとみられています。


☆人工言語

 
魔法文明語

 ラクシア全土で共通の魔法文明語は、魔法文明時代に各地で発生した断片を、テラスティア大陸で魔法王デュランディルが集大成したものです。アルフレイム大陸に大規模に伝わったのは、魔法文明時代中期、外部から侵略した魔法王達が伴った第一波の移民によります。魔動機文明の影響が比較的薄い大陸東部や蛮族社会においては、魔法文明語の使用は社会的ステータスの高さを示すものとなっていますが、大陸西部では魔術師・操霊術師や冒険者以外にはなじみの薄いものです。

 
魔動機文明語

 魔動機文明語は、テラスティア大陸かレーゼルドーン大陸で開発されて、魔動機文明時代の第二波の移民がアルフレイム大陸に伝えたものです。大陸西部においては社会的ステータスの高さを示すものとなっていますが、大陸東部では魔動機師や錬金術師、そして冒険者の間でのみ多用されます。魔動機文明を敵視していた蛮族においては知識が乏しく、しばしば魔動機文明語の注意書きを読めずに遺跡で死んでいます。
 ルーンフォークは魔動機文明語を母語としています。ジェネレーターでの育成過程で刷り込まれるため、誕生時点で基本的な会話を行えますが、誕生後の教育により集団ごとの癖が生まれます。
 レプラカーンも魔動機文明語を母語としています。レプラカーンの元々の母語については、魔法文明時代には魔法文明語を母語としていた事がわずかな史料からうかがえますが、それより前の時代については全く知られていません。母語が交易共通語に移行しなかったのは、「レプラカーンが魔動機文明にこだわりを持っていた」「少人数で隔絶して暮らすため一般社会に合わせる必要がない」などの説があります。「レプラカーンの言語が魔動機文明語のもとになった」と主張した異種族の学者もいましたが、ほかの学者達からは無視されています。

 
交易共通語

 交易共通語は、魔動機文明時代の簡略化された表現や俗語などを、改めて正式な表現として集大成したものです。魔動機文明語という共通の起源があるため、各地方・各大陸の交易共通語は、お互いに通じ合える程度の差しか生じていません。300年間正式な交流のなかったテラスティア大陸とアルフレイム大陸の間でも通用するほどです。
 タビットの母語は交易共通語です。魔動機文明時代には魔動機文明語を、魔法文明時代は魔法文明語を母語としており、元々の母語とかはそもそもないのではと言われています。書き物には神紀文明語を使うほか、家庭の内部では、魔法文明語、妖精語、魔動機文明語を用いる場合も割とあるようです。

 
汎用蛮族語

 汎用蛮族語は、神々の戦いのさなかに、神紀文明語を理解できない下位蛮族の軍勢を率いるために、ドレイクの将軍達が開発したといわれます。表現が単純すぎるために変化の余地が乏しく、ラクシアのどこでも大きな差はありません。込み入った話をするには、ドレイク語を使うか、蛮族であっても人族の交易共通語を使うかのどちらかです。


◇アルフレイムの神話と伝説

 
 時代も場所も様々な二次創作話です。


☆アステリアの渡来

 
 レーゼルドーン大陸の神々の都で、日々を満喫する人々の姿にライフォスが満足し、ティダンが人々と暮らしを共にするなか、アステリアは物足りなさを感じていた。すでにアステリアと従者のエルフ達は、レーゼルドーン大陸もテラスティア大陸も隅々まで探検して、人の手が触れた事のない新しい場所を探していたからだった。
 ある朝、レーゼルドーンとテラスティアを跨ぐアレスタ海から、アステリアはエルフ達と、帆掛け船で東の彼方へ旅立った。エルフの数は十二を十二倍した数。十二の船に分かれて乗って、先頭の船にアステリアが腰掛けた。

〜海の冒険譚が続く〜

 いくつもの昼と夜を重ねたある日、船団は新たな大地を見出した。自然の力が大地にも空にも満ちて、小島が天の上を駆ける。
「ああ女王よ、これはいかなる不思議なるか。奇しくも妙なる大地なり」
 エルフの長が女神に拝し奉る。
「こは言いようもなく素晴らしき土地ぞ。広く歩き、広く見、ライフォス達にも伝えたし」
 女神の言葉を賜り、長は首を垂れた。
「そうあらば、速やかに舟艇を」
「そなたらは後につきて参りなされ。我は汝らを先導せん」
 女神は海に足を踏み入れ、波は女神の足を支えるかに鎮まる。
 水面を踏みしめて渡ったアステリアの足が、アルフレイムの大地に触れる。そこには[記録により異なる]が芽吹き、花が咲き誇った。

〜あとは長いので略する〜

(解説)
 アルフレイム大陸で最も親しまれている神話のエピソードで、本筋から異伝まで含むと本棚を埋め尽くすほどのバリエーションがあります。神々の都に近かったテラスティア大陸とは異なり、古代神には「海の彼方から来訪する神」としてのイメージが強くあります。
 バリエーションの中には、「リカントに人と獣の力を授ける」「美しい花に魅せられてメリアを創造する」など、アルフレイムならではのエピソードも豊富です。

(解説の解説)
 本気で書くと長いので適当に。あと実際のアステリアの言動はもっとカジュアル。


☆ラクシアの信仰概説と、異端信仰について

 
――とある“知識の剣”塔において――

「急募:ラクシアの信仰概説についてのレポートの材料」
「まあいいけど、随分大雑把な課題だよね。まあ入りたてだし」
「ありがと。えーと、ラクシアの人族と蛮族は、〈始まりの剣〉から力を授けられた神々を信仰している、っと」
「だよね。そこで掘り下げがいると思うんだけど、まず2通りあるよね」
「どんなの?」

「その1:信仰ってどういう事?」
「え、えーと、改めて言われると、照れるよね」
「簡単に言っちゃうと、“小さき人々”が祈りを捧げて微小なマナを神々に届けて、神々は神聖魔法やその他の奇跡として恩恵を授ける」
「ギブアンドテイク」
「まあそうだけど、そこには“小さき人々”側の意思も大事だから。親愛とか畏服とか献身とか、神様を支えたいという心理的つながりがあるから、神様とのつながりが生まれる……みたい」
「みたいって」
「完全にシステムとして解き明かされてるわけじゃないからね。肝心の神官達は、そんな解き明かそうとする発想自体持たないから」
「ああ、タビットが神聖魔法使えないのは、解き明かしたがる性格が神様に嫌がられるとか?」
「そこまで単純じゃないんだろうけど、『我は神だ』と言い出すのから、『タビットが存在できる事自体が神聖魔法の働きだ』と言う人までいろいろ」
「ルーンフォークは、人工の存在だから?」
「心理的に神様と通じ合えないのかなあ。もしくは人工的に作られた理性が邪魔をするとか。妖精が見えないのも考えると、人工だからってのが大きいんだろうけど、神聖魔法だと人族って判定されるから、神様に嫌われてるわけじゃないっぽい」
「ぽいって」
「だって真相分からないし」
「あ、そういえば、つながりって?」
「神様のしてほしい事を、自分から進んでするってのが大きいかな。ライフォスだったら『みんな仲良くしたい』『人族を守りたい』って風に」
「すごいよねー。私も神聖魔法ほしいー」
「神聖魔法という見返り目当てに信仰してるというのも、まあ蛮族に多いっていうけど、そういうのでも結果的には神様の意思に則った行動してたりするし、そういうのは意気投合タイプって感じかな」
「いきとうごう、っと」
「そのまま書かないで、いったんメモして図式化して整理するように。提出後に説明を求められても楽だよ?」
「はーいっ」

(かりかりかり)
「あ、その2は……」
「神様を信仰しない、別の何かを信仰する」
「え?」
「しばしばあるのが、〈始まりの剣〉を直接信仰するタイプだよね。神官でも『第一の剣の神々を全体的に尊重する中で、特定の神様を信仰する』ってのもよくあるし」
「ああー」
「第二の剣だとあまりないね」
「神様同士の中が悪いから?」
「控えめに言っても悪いよね。あと、バルカンっていう地底の蛮族は、なぜか第二の剣の神々を嫌ってて、剣を直接信仰しているっていうし、ガネーシャっていう蛮族も剣を直接信仰して独自の修行をしているっていうけど、そこまで入りたてのレポートに要求されないかなあ」
「でも覚えとく。ほかには?」
「アルフレイム大陸だと、やっぱり奈落教。“奈落”を崇拝するという謎の教団」
「……ね、ねえ。一応聞くけど」
「関係ないから。もし関係あっても、先輩後輩程度でぶっちゃけるわけないし――ああ話は戻るけど、奈落教は“奈落”を崇拝しているのであって、魔神を崇拝しているわけじゃないよ?」
「そうなの?」
「うん。奈落教は『魔神は神々が与えた試練』と称してるから、魔神とかラーリス信者とかは仲良しじゃないし」
「そうなんだ。でさ」
「ん?」
「ほかの大陸にも、神々じゃない何かを崇拝するのってあるの?」
「昔の話だけど、魔法文明時代、テラスティア大陸のカルゾラル高原だと、動物の祖霊を崇拝するという変わった思想があって、妖精であり人族でもあるフィーが妖精を生み出すトーテムとの関係があるとかないとか」
(夜は更けていく――)

(解説)
 アルフレイム大陸の知識層(大半の冒険者を含む)における信仰の理解の、あくまでも一つです。ラクシアの人族にとって、信仰は根本的な常識であり、改めて考えるという事はあまりありません。教義の論争は人族では「カップリングの前後」とか「解釈違い」とかそういうレベルで収まるのが普通であり、蛮族は「それより力、力!」であまり考えません。

(解説の解説)
 神の影響が目に見える形で存在する世界での信仰のありようは、ファンタジーにおける大きな課題です。神の上にさらなる上位者がいる設定なら、その関係もより複雑になります。神官以外には何もできないフォーセリアの神とは違い、ラクシアの神は自分でもいろいろできますからなおさらです。
 個人的には、仏教でいう「法」が〈始まりの剣〉で、ラクシアの神は「仏」とか「菩薩」とかにあたるのではないかという、大雑把な見解です。


☆ラクシアにおけるエロ規制

 
キングスレイ鉄鋼共和国出版法第X条第X項のX
性的欲求を掻き立てる描写がされた表現物(魔動機術による記録媒体を含む。)は、これを各種族の成人年齢に達さない者が閲覧、所持、入手する事を禁ずる。

アルショニア女王国表現規制法第X条
性的表現は、これを公開できる形式で表現する事を禁ずる。規制による損失に対しては、賠償を認めない。

ラージャハ帝国勅令第XXX号
すべての出版は検閲を要する。
補則勅令第1号
出版には活版印刷以外の手段(手書き、掘り込み、絵画など、視覚で認識されるすべての形態。)を含む。
補則勅令第2号
検閲とは(以下長いので略する)。

セブレイ森林共和国の裁判官
「エロの規制ねえ。エロ絡みで違法な事してなければ別にいいんじゃね? ああ、趣味としては和姦がベスト。無理やりは認めない」

アイヤール帝国議会大陸新暦XXX年X月X日
「ルーフェ……ルー様とジークの……ジークハルト・デーニッツ氏とのいかがわしい本が出版されていた件についてですが」
「落ち着いて下さるかな、エアリサーム高司祭。公の販路に乗らない限り、帝国の――あるいは〈領〉の検閲の対象にはならないのだよ」
「もちろん知っていますがそれでも、これは神……もとい、神殿長に対する不敬罪ではないでしょうか!?」
(興奮したエアリサーム高司祭が黒杖官により退場させられる)

セフィリア神聖王国議会大陸新暦XXX年X月X日議事録
XX伯爵「ですから、このようないかがわしい出版物は規制してしかるべきであり」
XX司祭「XXX年の判例にもある通り、性的表現は、劣情を催す事を目的とするものでなく、端的に事実を表現するもの、および内容が倫理的な創作であるものについては、それらを規制の対象としてはならないものである。いいね?」
XX伯爵「アッハイ」

(解説)
 性的表現に対する規制は、国によって様々です。魔動機文明時代には国によって様々な法規制があったようですが、〈大破局〉以後はそんな余裕のない国も多く、よほど体制のしっかりした国でない限り、魔動機文明時代の法令をそのままコピーしています。魔動機文明時代後期の経験則で「性的表現への過剰な規制は文化自体へ有害である」との見解がありますが、先進的な地域以外ではあまり広まっていません。
 組織によっても、主張に大きな差があります。ライフォス神殿は規制にあまり関心はなく、所在する社会の平均的な見解に近くなります。ティダンやシーンの神殿は、「ノーマルな描写」については、未成年にアクセスさせない限りは寛容です。アステリア神殿は割と緩く(というか厳しく規制すると神話が大変な事に)、特定の対象への侮辱にならない限りは規制に反対する事が多いです。グレンダール神殿、イーヴ神殿、ハルーラ神殿は禁欲的な傾向があり、厳しい規制を後押しする事もあります。ミリッツァ神殿は女性を対象とする表現には厳しいですが、男性が対象となる事についてはそれ自体をスルーしがちです。キルヒアやミルタバルの神殿も、知識の妨げとなるような表現規制には否定的です。冒険者ギルドは「性的表現も知識の一つである」という事から表現規制に批判的で、マギテック協会と手を組む事が多いです。魔術師ギルドは性的表現について基本的に無関心で、遺跡ギルドは表面では無関心を装いながら規制される物品を裏で売買しています。

(解説の解説)
 魔動機文明時代の技術水準は、現実世界の20世紀初頭レベルに達していました。創作でいうと、「怪盗ルパン」とか「ゴールデンカムイ」とかが近いのですが、通信ネットワークとか同人誌即売会とか、ときどき逸脱したものがあるので、頭を痛くしつつ楽しむところです。
 そんなわけで、特筆されなければ「検閲制度はある」「だけど大半の国では、不敬罪とかの大きな案件ではない限り気にしない」あたりにしています。意外な所が厳しかったり、意外な所がゆるかったりで楽しみましょう。


『ソード・ワールド2.5』:(C)北沢慶/グループSNE/KADOKAWA

剣の折れた場所に戻る